コーヒーの「ボディ」って何?

コーヒーの「ボディ」って何?

 

1.そもそもボディって?

2.どの豆がフルボディなの?

 

1.そもそもボディって?

「ボディ」とは、「コク」のこと。

 

「ボディ」とは、コーヒーに溶けだした油分、タンパク質、繊維質の密度により測られ。。というのは、難しそうなのでやめましょう。(笑) もっと簡単に、ご説明しますね。

 

「ボディ」というのは、コーヒーの「コク」のこと。

 

コーヒーは油分を含んでいますが、それが口の中に残れば残るほど、コクがある!と感じやすいといいます。フレンチプレスなど、油分が残りやすい方法などでを飲んだとき、いつまでたってもコーヒーの味がするのは、ここに秘密があります。

 

淹れ方だけでなく、豆の油分の多さ等で、このコクは変わります。コクの強い、重めのコーヒーのことを「フルボディ」、コクの少ないさっぱりしたコーヒーは「ライトボディ」と呼びます。

 

その真ん中であれば、皆さま察せられたかもしれませんが、「ミディアムボディ」と言います。

どちらが良いというわけでもなく、好みは人それぞれ。とは言っても、どちらが良いかわからないという方は、食後などにゆっくりと飲みたいならフルボディのコーヒー。

 

口当たり軽やかなさっぱりとしたコーヒーを飲みたいのならライトボディのコーヒー。と考えると分かり易いかもしれません。

 

ただ、ライトボディのコーヒーは、酸味が強いものが多いので、酸味が苦手だな。という方にはミディアムボディやフルボディのコーヒーをお勧めしています。

 

2.どの豆がフルボディなの?

 

標高の高い、日差しの弱い地域で、じっくりと育つと、油分が多くてコクのある、フルボディの豆が育ちやすく、もっと暖かく日差しの良い場所で、あっという間に育ったコーヒーは、油分が豆に溜まる前に収穫され、すっきりライトボディのコーヒーになりやすいといいます。

もし、どう味が違うのか試してみたい!という方がいたら、Cotteaまでお越しください。

違う「ボディ」のコーヒーを試飲して頂いて、これが「ライト」だな、これが「フルボディ」だな、と味でその違いを感じて頂けます。

ぜひ、Cotteaの試飲専門ショップで、あなたの好みのコーヒーを見つけてみてください。

 

https://cottea.jp/shop/



カートは空です